オリンピックで感動の日々

オリンピックで感動の日々

オリンピックが始まってからというもの寝不足の毎日です。
いいところまでいって、メダルが獲れなければ悔しくて眠れないし、メダルを獲ったら興奮して眠れないしで、
どっちにしたって眠れません。
私は家で仕事をしているので何時まででも起きていられるのですが、会社勤めの友人は早く寝なきゃいけないけれど、
結果が気になって寝付けないと言ってました。きっと日本中こんな感じなんでしょうね。
それにしてもスポーツというのはどうしてこんなに人の心を熱くするのでしょうか。
私は体を動かすことが大好きで週のうち半分くらいはジムに通っていますが、競技は観戦専門です。
ボクシングのタイトルマッチは大声上げながら「ほら、行け、殴れ!」と大声で叫ぶので、友人などが一緒に観ていると、
まるで別人みたいとびっくりします。
野球、サッカー、相撲はもちろんのこと、先日行われたNFLもアメリカのスポーツなのにまるでアメリカ人のように
エキサイトして応援していました。
スポーツを観戦している人間は同じようにカロリーを消費しているという記事を見たことがありますが、
それって当たっていると思います。
私もいつも観戦後はぐったりし、疲労感に襲われます。
だけど、応援しているチームや人が勝利を収めた時の爽快感や達成感は最高です。
その最たるものが男子フィギュアスケートの羽生選手の金メダルです。

オリンピックに選出されるだけでもすごいことなのに世界の頂点に立つなんて、何で凄いんでしょう。
何かと暗いニュースが多い中、やはり日本国民に元気を与えてくれる話題は嬉しいです。
いやあ、スポーツってホントにいいものですね。
また新たな感動が生まれるでしょうから、しばらく寝不足が続きそうです。